機能性便秘の原因

機能性便秘の原因

機能性便秘の原因

● 繊維の少ない偏った食事もしくは小食
● 便秘薬常用者(薬の刺激で便意を
     催させるので、腸の機能が低下する)
● 加齢(腹筋などの筋力低腸管の
     運動機能低下など)
● 睡眠不足(排便コントロールをする
     自律神経が不安定になるため)
● 痔(排便で痛みが出るために
     自然と排便を我慢してしまう)
● 高血圧治療中(降圧剤の利尿剤は
     体内の水分不足から便が硬くなること
も)
● 過敏性腸症候群(自律神経の
     バランスが崩れて)
● 自律神経失調症(自律神経の
     バランスが崩れて)

● 薬によるもの(抗精神病薬や抗うつ薬など)
● 甲状腺機能低下症(甲状腺ホルモンの低下で、
腸のぜん動も悪くなる)
● 糖尿病(腸を栄養する血液の流れが悪くなる)
● パーキンソン病(食事量低下や、運動量低下自
律神経障害などが原因で)
● 膠原病(強皮症など)

便秘の解消法

便秘を解消するためには、まずは自分の
便秘の原因を知ることが大切です。

 

便秘の原因は人それぞれ違いますし
間違った対処法をするとより便秘を
助長してしまうこともあるからです。

 

原因がはっきりとしていれば
それを除去することが第一ですが
さまざまな病気や症状と同様
便秘も例外ではなく生活習慣が大きく関わり
生活のリズムが崩れると便秘の症状として
現れやすくなります。
便秘を解消していくには生活習慣を
見直すことが大切です。

 

機能性便秘の原因

 

 

1.食生活に気をつける
便秘解消のために、普段の生活の中で
まず見直さなくてはならないのは
食事の内容であり、最も多く見られる問題は
食物繊維の不足です。

 

不溶性の食物繊維は、水分を溜め込み
便を軟らかくして、腸の通過をスムーズに
してくれます。

 

また便のボリュームを増やして腸の
蠕動運動を刺激します。

 

また、水溶性の食物繊維には
腸内環境を整える善玉菌を増やす働きがあります
なるべく食物繊維を多く含む野菜・海藻・きのこ
などを選んで、意識的に食事に取り入れるように
しましょう。

 

ダイエットなどで食事の量を減らした場合
腸への刺激が弱まり、蠕動運動の働きが
悪くなります。

 

食事の量が少ないということは、摂取できる
食物繊維の量も少ないということになり
ますます便秘しやすくなります。

 

便秘解消のためには、十分な量の食事を
たくさんの水分と一緒にとることが必要です。
大腸の蠕動運動は、食べ物が胃や小腸を
経由して、大腸へ送られてくることで起こります。

 

食事が不規則になると、便が長い時間
大腸内にとどまることになり、腐敗が進み
水分も吸収され続けるため、どんどん便が
硬くなって排便が困難になり
その結果便秘を引き起こします。

 

つまり規則正しい食生活が便秘を
起こさないために重要だということです。

 

更には、最も便意を感じやすいのは
朝食の後ですので、忙しくても朝食は
しっかり食べるようにしましょう。

 

2.規則正しい生活を
睡眠不足などによる不規則な生活は
ストレスも多く、自律神経の乱れを
引き起こしますので、便秘の誘因となります。

 

つまりは、睡眠を十分にとって
規則正しい生活をすることが
便秘にならない方法のひとつといえます。

 

3.運動不足解消
便秘を解消するには、激しい運動は必要なく
ウォーキングでも十分に効果があります。
普段の生活の中で、なるべく歩く機会を
増やしましょう。
運動不足は、血行を悪くし筋力の低下を招きます。

 

また、弛緩性便秘の場合は
まず腹筋を鍛えることをおすすめします。
腸の蠕動運動には腹筋が大きくかかわっており
腹筋力が弱まると直腸の働きまで低下してしまい
便を押し出すことが難しくなります。

 

毎日、軽い腹筋運動を続けるとともに
普段から意識的に、腹式呼吸や
ストレッチを行うようにすると良いでしょう。

 

便秘を訴える人の大半は生活習慣や
ストレスが原因で起こる慢性便秘ですが
さまざまな病気か原因で起こる便秘がある
ということも確か。

 

こういった生活習慣の見直しを行なっても
便秘が改善しない場合は、思わぬ病気が
隠れている可能性もありますから
しっかりと病院に受診してくださいね。

 

受診する科としたら、内科、消化器科
胃腸科などがいいでしょう。
肛門科と標榜してある科でもいいですね。

 

女性に多い便秘のお悩みも、ツボで
解消することができます!

 

合谷は、大腸の働きを調整してくれるツボ。
手の甲側の親指と人差し指の交わる
付け根の部分、やや人差し指寄りです。

 

押すと痛みを感じる人も多いはず。
手を開き、逆側の手の親指でやや強めに
押してみましょう。

 

便秘は肌荒れだけでなく、下腹がポッコリして
しまうので、ボディラインも気になりますよね。
大腸のぜん動運動が鈍ると
便の押し出しが滞り便秘になるのですが
これは、偏った食事や運動不足による
筋力低下が原因。

 

これらを改善するには、十分な水分補給と
食物繊維たっぷりの食事、おなかに直接刺激を
与える運動が欠かせません。

 

そこで、ピラティスで、下腹ポッコリも解消する
一石二鳥の便秘解消セルフケアをご紹介!
食物繊維が豊富な玄米と整腸作用のあるリンゴが
おすすめです。

メニュー

© Copyright 2016 便秘の原因と対策法All Rights Reserved.